トップページ > かりゆしウェアとは

かりゆしウェアとは…kaiyushi

かりゆしウェアokinawan wear "kariyushi"

かりゆしウェアイメージ

「かりゆしウェア」の「かりゆし」とは沖縄の方言で「おめでたい」を意味し、「かりゆしウェア」は夏を快適に過ごせる沖縄らしいウェアです。

その生産は古くから取り組まれていましたが、2000年の九州・沖縄サミットの際に統一名称を公募の結果「かりゆし」と命名され、各国首脳が着用したことで広く知られるようになりました。

また、2006年にはクールビズ(CoolBiz)の代表例として、沖縄のかりゆしウェアは多くのメディアに取上げられました。

かりゆしウェアの定義

1. 沖縄県産品であること(沖縄県内の工場で生産されたもの)
2. 沖縄らしさを表現したものであること
この2点が満たされなければなりません。

タグイメージ

←本物のかりゆしウェアにはこのタグが付いています。

タグの発行は沖縄県衣類縫製品工業組合加盟の工場からの申請で行われます。
龍柱は、沖縄のお城「首里城」正門の大龍柱をデザインされており、龍柱はシーサーと同様に、沖縄では入り口を守る役目をしています。

copyright 2012 株式会社 ソーイングアイ all rights reserved.